Skip to content

誰がいる?8月が誕生日のお笑い芸人3選!

滑舌悪い芸人「コカドケンタロウ」

8月生まれのお笑い芸人、1人目はお笑いコンビロッチのコカドケンタロウです。甘いルックスで女性を中心に莫大な人気を集める一方、滑舌が悪い芸人としても知られています。バラエティ番組などでは、コカドケンタロウが発した言葉に対し、「えっ?」と聞き返して笑いを取る手法が多様されます。本人も滑舌が悪いことを武器としており、コンプレックスから笑いが生まれることに誇りを感じています。テレビ、ラジオ合わせて4つのレギュラー番組を持つ売れっ子お笑い芸人です。

ワイルド芸人「スギちゃん」

2人目は「ワイルドだろぉ~?」でおなじみのスギちゃんです。1.5リットルのコーラを買うが先にキャップを捨てる、パスタの湯きりを雨戸で行うなどのワイルドネタで一世を風靡したスギちゃん、2011年までは「杉山えいじ」という芸名で活躍を続けていました。2012年にはR-1ぐらんぷり準優勝、さらには持ちネタが流行語大賞に選ばれるなど、あらゆる分野で活躍の場を広げています。現在はワイルドネタのほかにも、新ネタで新たな世界を切り開いています。

落語もこなす「世界のナベアツ」

最後に紹介するのは世界のナベアツです。「3の倍数と3のつく数字のときだけアホになる」というネタで一気に大ブレイクを果たした、いわゆる一発屋芸人といわれています。そのお手軽さから子どもから大人まで真似をする人が続出、子どもたちは学校で、大人は忘年会の出し物などでの定番ギャグとなりました。ブームが過ぎてからはバラエティ番組をはじめ、落語家「桂三度」として活躍。上方落語の繁栄のため、尽力しているお笑い芸人です。

山本英俊はパチンコ機器会社のフィールズ株式会社の代表取締役会長である。出身は愛知県名古屋市出身。競走馬の馬主としても知られている人物であることで知られており競馬界では有名な人物であることに間違いない。